top of page
検索
  • cath776

アフターコロナのインバウンド事情② 台湾でいま人気SNSとは?

更新日:2023年2月18日

インバウンド対策のひとつとして欠かせないツールと言えば、SNS。「アフターコロナのインバウンド事情① 今おさえておきたい3つのポイントって?でもあげたように、情報発信の環境を整えることは大事です実際に、出発前に得た旅行情報源として「SNSや動画サイト」をあげる人は3割以上。それだけに、SNSを通じた情報発信を高めることが、認知拡大にも効果的だと言われています。とは言え、インバウンドとなると、どのSNSに力を入れれば良いのかわからない……と悩む人も多いのでは?

そこで今回は、台湾で人気のSNSとそれぞれの特徴をご紹介!インバウンド対策を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

いま、台湾で人気のSNS3選!


① Facebook

ターゲット年齢:25〜45歳

利用率:9割

特徴:

台湾での利用者がもっとも多く、年齢層も幅広いのが特徴。文章を活用した情報を掲載したいときに有効。フォロワーとの深いコミュニケーションも取ることができます。

活用事例:観光スポット情報・交通情報の掲載

②Instagram

ターゲット年齢:18〜30歳 利用率:7割 特徴:

10〜30代前半をターゲットにした年齢層の低い情報を掲載するのにマッチ。興味をひく画像で商品やサービスを印象づける、文字入れたした解説投稿がおすすめ。

活用事例:写真映えする商品・サービス


③YouTube

ターゲット年齢:20〜35歳 利用率:9割 特徴:

ターゲット年齢としては、FacebookとInstagramの間。台湾では商品購入を検討に際し、消費者の8割が動画を参考にするとも言われている。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

創業5周年のご挨拶

点点株式会社は、本年2024年に創業5周年を迎えることができました。コロナ禍のなかでも歩み続けてこられたのは、さまざまな形で支えてくださった皆様のおかげであり、心より感謝いたしております。 今後とも、台湾と日本における架け橋となれるよう、これまで以上に使命に取り組んでまいりますので、引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。 またこの度、2023年より弊社にて運営している移住体験プログラム

Comments


bottom of page